当院での治療内容|市川市市川で歯科をお探しの方は大門歯科まで

  • 電話
  • メニュー

8020運動、ご存知ですか?

イラスト

80歳で20本の歯を残存させようという、国の方針です。
あなたは今、歯は何本残存していますか?
しかしながら歯が20本あれば、必ず健康を保てるというわけではありません。
上下の歯がしっかりとかみ合って、機能していなければいけません。
しっかりと健康を保つためには、歯を抜かないこと…歯槽膿漏にならないこと…虫歯にならないことです。不幸にも、歯周病、齲蝕に罹患したならば、早期の処置。そして、そうならないための予防を続けましょう。

イメージ画像

口の中の多くのトラブルは生活習慣病です。実は、この一般的な歯科治療が最も重要なことです。
また、口腔の健康維持は、決して中年齢以降、高齢の方に限った命題ではなく、若い世代から将来の健康を見据えての予防が大切です。虫歯治療、歯周管理、咬合の維持による力のコントロール、審美修復、責任をもってお手伝いさせていただきます。
機能美、美しい口元を手に入れて、心も健康になりましょう。

Menus 1:一般歯科治療
Basic Treatment

齲蝕

イメージ画像
C1
エナメル質に限局した虫歯です(図1)
虫歯の除去後、白い硬質プラスティックの充填をします。
麻酔を必要とせず、予後も良好です。

術後、しっかりとしたブラッシングを心掛けましょう。

イメージ画像
C2
象牙質層におよぶ虫歯です(図2)
C1と同様に虫歯の除去後、白い硬質プラスティックの充填をします。
麻酔の必要な場合があります。
虫歯が大きい場合、強度的に金属や審美的なセラミック(写真A)を用いることもあります。

虫歯が大きく、歯の神経に近接していて、術前に痛みが大きい場合や、術後に痛みが発症、継続する場合には歯の神経を除去する必要があります(抜髄)。

イメージ画像
C3
虫歯菌は歯の内部(神経)まで感染しており、全身にまでおよぶ可能性もあるため、感染部を除去して、神経の部屋を無菌的に密に充填します。その後、土台と呼ばれる歯質の補強を行った後、歯を守るために外側から覆うように冠(金属、白い硬質プラスティックや審美的なセラミック)をかぶせます(写真B)。
*神経の治療をした歯は、
1)さらに虫歯になったときに痛まないため、発見が遅れます。
2)歯ブラシの際にブラシが歯に触った感覚がないため、磨き残しの可能性が高まります。
3)硬いものを噛んだときに、力(咬合力)の入れすぎの感覚が鈍いため、歯を割ってしまうほど噛みこんでしまう場合があります。
どこの歯の神経がとってあるのかをエックス線等で確認しておきましょう。
イメージ画像
C4
歯の根にまでおよんだ虫歯です(図4)。
抜歯後に、ブリッジ(金属、ジルコニア、ポーセレン等)、入れ歯(金属クラスプ、審美的なノンクラスプ、痛みのない軟性義歯等)、インプラント(ゴールド、ジルコニア、ポーセレン、オーバーデンチャー等)の治療に移行します(写真C、D、E)。
抜歯にならないためには、虫歯にならないこと、早期発見・早期治療です。

まず、大切なあなたの歯を守りましょう。
これは虫歯かな?違うかな?…考えて不安になる前に、早めに受診しましょう。

イメージ画像
イメージ画像

歯周病

イメージ画像

歯槽膿漏とも言いますが、歯肉から出血する、歯肉が腫れる、歯肉が腫れたけれど、しばらくしたら治った、口臭がある、歯の間に物が詰まるようになった、うまく噛めなくなった、一時期突然歯が動いた、歯が揺れる…こんなイメージだと思います。
これらは歯周病のあくまでも症状の一つです。歯周病は一言でいうと「歯を支える骨がなくなる病気」です(図5)。
原因は口腔内の歯周病菌ですが、食べ残し、磨き残しによる歯垢(プラーク)形成を栄養に繁殖し、多くは歯周ポケット内に生存します。そして、最も近い場所(上部)の歯槽骨を破壊していく病気です。

イメージ画像

健康な歯は、口腔内に顔を出している歯冠部に対して、骨の中に埋まっている歯根部は約2倍の長さがあります(図6)。
「40代、50代の方々に、歯槽膿漏になった!」とよく耳にしますが、その始まりは20代、30代です。
歯周病の兆候に気が付いた時が治療のスタートです。

今のお口の状態はどうなのかな?
歯周病にならないためにはどうすればよいのかな?
進行を止めるにはどんなことが必要なのかな?

患者様が持ついろいろな疑問に対して、
診断、治療、予防法の提案をさせていただきます。

お口の中の歯垢が確実に除去されれば、歯槽膿漏になることはありません。
歯周病に効果のある、各種ケアーグッズも取り揃えています。
クリーンなお口の中はとても気持ちが良いですし、口の中の掃除も結構楽しいものです。

歯科医師による歯石除去、歯周管理にてお口の中の清潔を維持しながら、あなたのペースに合わせて、徐々に100%磨きを体得していきましょう。
今、始めましょう。

私は、外食で美味しいものを食べに行くときには、必ず、出かける前に歯を磨きます。
そのほうがとっても料理がおいしいのです。味覚を敏感にすることもできますし、最大の効果は香りを楽しむことができます。
皆さんにも、口腔フェチになっていただければと思います。

P.S. もちろん食後の寝る前にも磨きます。

Menus 2:口腔機能回復
Oral Function

咀嚼機能改善

歯の咬合面(噛む面)が、齲蝕により失われた場合には冠(被せ物)による咬合面の回復がなされます。また、歯周病等の原因で歯自体を失った場合、咀嚼機能を改善させるためには以下の3種類の方法があります。
それぞれの治療法に、特徴(利点と欠点)がありますので、症例に最も合った治療法の選択と治療計画が必要となります。

1.義歯

イメージ画像
利点
・1歯の欠損から総義歯まで最も幅広い症例に適応可能
・取り外しのため清掃等の管理がしやすい
・残存歯(残っている歯)に対する影響が少ない
欠点
・入れ歯であるという意識
・取り外しであることの煩わしさ
・口腔内での異物感
・残存歯にかかる金属の見た目の悪さ(現在はノンクラスプのものもある)
・咬合力(噛む力)の減少

入れ歯は日本補綴歯科学会の専門歯科医師が院内技工により直接作ります。
※すれ違い咬合だけは保険診療では十分な対応が困難な場合があります。解決法はありますので、詳細はご相談ください。

2.橋(ブリッジ)

イメージ画像
利点
・口腔内に固定性の修復である
・咬合力が回復できる
・白い歯等の各種材料が豊富
欠点
・歯のない部分に食べかすが挟まる
・清掃するのが難しく、歯間ブラシ等の補助用具が絶対に必要
・欠損部の両隣の歯を削らなくてはならない。

3.インプラント

イメージ画像
利点
・以前と同様の咬合力の回復ができる
・白い歯等の各種材料が豊富
・残存歯に対する影響が最も少ない
・義歯の安定に利用することができる
欠点
・高価である
・歯槽骨が十分でないとできない
・手術が必要
・全身疾患があるとできない場合がある
・しっかりとした自己の歯周管理が必要不可欠
・喫煙者には向かない。

以上が一般的な各治療方法になります。一人として同じ口腔内の方はいません。現在、歯の欠損治療においてインプラントの治療を行えることが最も理想ではありますが、あなたにとってどの治療法が最適かを一緒に計画しましょう。

もし今、あなたに何か気になる問題があったとするならば、時間がたてばたつほど、その状態は静かに悪いものへと進行していきます。突然の痛み、腫れ、破折、脱離が起こった時には元の状態に戻すことが難しくなります。たとえ問題がなくとも、今の状態を自身で確認しておくことも重要です。

オーラルケア

イメージ画像

口腔内の諸問題は、主に歯周疾患(歯槽膿漏:炎症による歯槽骨の吸収)、齲蝕罹患、咀嚼機能(疼痛、歯の喪失、咬合不全、義歯不適合、顎関節疾患、咀嚼筋力低下)など、様々な問題が、複雑に起こります。そして、これらの諸問題の原因はほぼ、歯周疾患に起因するため、オーラルケアの概念は歯周(歯槽膿漏)のケアーと言っても過言ではありません。
歯科医院では、もちろんプラーク、歯石の除去、かみ合わせの確認、咬合の再構成による咀嚼機能の改善と維持を行います。
しかしながら、最も大切なのはそのような処置が必要とならないような予防です。歯石は、定期的に歯科医院で除去するものではなく、つけてはいけないのです。
日常の歯ブラシの方法、あなたにとって有効な補助用具の使い方等、いつまでも健康な口腔内を維持するために、耳を傾けて、一緒に頑張っていただければ幸いです。

ホワイトニング

イメージ画像

「ホワイトニング」とは、毎日の歯磨きだけでは予防・解消の難しい「歯の内部の色素沈着」を漂白する治療です。
歯科治療によって機能を回復し口腔の健康を取り戻し、維持することに成功したとしても、審美的満足感が得られなければ、決して心身ともに幸福を取り戻したという実感は得られないのが現実です。
この、口腔、顔面領域の審美の改善「歯科審美」は皆さんのクオリティー・オブ・ライフに大きく影響しています。本診療所では、Beyond Whitening System(Beyond ™ POLUSという機器を使用)を導入しています。POLUSは独自開発の「Light Bridge TM」技術の採用により、ホワイトニング効果を安全かつ、最大限に引き出すことができます。
具体的には、

  1. 歯を削ることなく艶のある白さを目指せます。
  2. 歯を白くする方略としては最も費用対効果の高い(リーズナブル)治療法です。
  3. 18歳以上であれば年齢に制限はありません。

等の利点を持ちます。そして、爽やかさ、若さ、清潔感、豊富に似合う口紅の種類、何事にも前向きな気持ち、自分への自信、など様々な幸福を得ることにつながります。
人生をもうワンステップあげてみませんか?

「Office Whitening 」のタイミングと頻度やまた、「Home Whitening」との併用など、あなたにとって最も効果的なWhiteningをいつでも相談してください。

※日本歯科審美学会にて「歯科審美学」とは、「顎口腔系における形態美・色彩美・機能美の調和を図り、人々の幸福に貢献する歯科医療のための教育および学習に関する学問体系である(日本歯科審美学会教授要綱)」と定義しています。