大門歯科とは・・(About us)|市川市市川で歯科をお探しの方は大門歯科まで

  • 電話
  • メニュー

私たちの想い

健康寿命と認知症

イメージ画像

シンガポールの動物園では、トラに牙の再製治療(金歯)を行ったことがあります。トラは牙を失い、食事ができなくなると死んでしまうそうです。
ヒトも、例外ではありません。十分な食事がとれなくなると、劇的に余命が少なくなります。
いつまでも健康でいるためには自分の足でしっかり歩くこと、自分の口から、サプリメントや薬などではなく…おいしい食事、本物の食材からの栄養摂取が不可欠です。

イメージ画像

また近年、認知症の増加が社会問題となっていますが、高齢者の自然増加に沿ったものであり、医療現場的では当たり前の結果と受け止められています。そして今後も当然増加します。
認知症と咀嚼能力との関係が周知されるようになってから、もうかれこれ、20年は立つかもしれません。
今でも、多くの歯科研究者によってその関係を明らかにしようとする試みがなされていますが、まだまだ、容易なことではありません。
ただ、証拠は示されていませんが、明らかに正の相関関係が存在します。 自分の口から、若いころとまったく同じように食事がとれるヒトは認知症リスクが限りなく低いのです。
もちろん、そのように健康な方は心身ともに健康であるはずです。

人生を最後まで幸せに過ごすために、健康寿命を延ばすために、
しっかりとした足元と、口腔内環境を私たちとともに、今、計画しませんか?
あなたに起こっている、健康の悪循環を、口の中から改善していきませんか?

イメージ画像

多くの歯を失い、健康を害し、ヒトとしての基本的な機能を失う前に、今…行動を起こし、予防することはとっても簡単なことです。

まずは、しっかり自分の歯でおいしい食事がとれるよう、口元美しく、積極的に外へ外へと出ていける気持ちを持てるよう、一度、話し合ってみませんか?

今、合わない入れ歯を、無理に使い続けていませんか?
こんなものかと、あきらめていませんか?
もっと、美しい口元を手に入れませんか?

そして、世界中の街を旅して、
おいしいものを食べまくりましょう。

学会発表
イメージ画像

Yukio Hayashi, J.-C. Lee, D.Chocron, P.Cherkas, B. Sessle and L.Avivi-Arber
Neuroplasticity of face sensorimotor cortex induced by tooth extraction in c57bl/6 mice
Society for Neuroscience in Chicago IL USA. Oct 17. 2015

L.Avivi-Arber, M.Fridel, J.Lerch, Yukio Hayashi, G.Landzberg, M.Moayedi, K.D.Davis, Z.Seltzer and B. Sessle
Loss of teeth in genetically-mapped recombinant inbred mouse strains as a model to study the genetic control of orofacial sensorimotor functions and the associated functional and sMRI-defined plasticity of the orofacial sensorimotor cortex post-injury
Society for Neuroscience in Wasington DC USA. Nor 18. 2014

Yukio Hayashi.
The Jaw opening and one of the evidence on learning and memories of masticatory function as Habitual Masticatory Side (HMS)
International Association for dental Research (IADR) in Boston MS USA. March 12. 2015


総説,その他

ガム咀嚼による集中力の効果(Q&A)
林 幸男(日本大学松戸歯学部 顎口腔義歯リハビリテーション学講座)
DENTAL DIAMOND(0386-2305)32巻9号 Page104-105(2007.07)

正常機能としての習慣性咀嚼側とその形態的変化(総説)
林 幸男(日本大学松戸歯学部 顎口腔義歯リハビリテーション学講座),小林喜平
日本咀嚼学会雑誌14巻1号 Page13-22(2004)

咀嚼機能時の顔面頭蓋における応力分布と応力緩和システムについて(解説)
林 幸男(日本大松戸 第1歯補綴), 中村 一郎, 小林 喜平
日大口腔科学(0385-0145)23巻2号 Page195-196(1997.06)


著書

「THE SOFT LINING~軟質リラインの本質~」
木本克彦 林 幸男 その他、デンタルダイヤモンド社

「補綴・デンタルデンティストリーのための重要10キーワード ベスト200論文」
木本克彦 林 幸男 その他、クインテッセンス出版


文献

Mendes Fde C, de Almeida MN, Felicio AP, Fadel AC, Silva Dde J, Borralho TG,
da Silva RP, Bento-Torres J, Vasconcelos PF, Perry VH, Ramos EM,
Picanco-Diniz CW, Sosthenes MC. Enriched environment and masticatory activity rehabilitation recover spatial memory decline in aged mice. BMC Neurosci. 2013 Jun 28;14:63.

Hirano Y, Obata T, Takahashi H, Tachibana A, Kuroiwa D, Takahashi T, Ikehira H, Onozuka M. Effects of chewing on cognitive processing speed. Brain Cogn. 2013
Apr;81(3):376-81.

Wada M, Hoshi Y, Iguchi Y, Kida I. Near-infrared spectroscopic study on the effects of chewing on short-term memory. Appetite. 2011 Dec;57(3):749-52.

Moriya S, Tei K, Murata A, Yamazaki Y, Hata H, Muramatsu M, Kitagawa Y, Inoue N, Miura H. Associations between self-assessed masticatory ability and higher brain function among the elderly. J Oral Rehabil. 2011 Oct;38(10):746-53.

Kubo KY, Ichihashi Y, Kurata C, Iinuma M, Mori D, Katayama T, Miyake H, Fujiwara S, Tamura Y. Masticatory function and cognitive function.
Okajimas Folia Anat Jpn. 2010 Nov;87(3):135-40. Review.

Ono Y, Yamamoto T, Kubo KY, Onozuka M. Occlusion and brain function: mastication as a prevention of cognitive dysfunction. J Oral Rehabil. 2010 Aug;37(8):624-40. doi: 10.1111/j.1365-2842.2010.02079.x. Epub 2010 Mar 2. Review.

Smith A. Effects of chewing gum on cognitive function, mood and physiology in stressed and non-stressed volunteers. Nutr Neurosci. 2010 Feb;13(1):7-16.

Smith A. Effects of chewing gum on mood, learning, memory and performance of an intelligence test. Nutr Neurosci. 2009 Apr;12(2):81-8.

Yamazaki K, Wakabayashi N, Kobayashi T, Suzuki T. Effect of tooth loss on spatial memory and trkB-mRNA levels in rats. Hippocampus. 2008;18(6):542-7.

Scherder E, Posthuma W, Bakker T, Vuijk PJ, Lobbezoo F. Functional status of masticatory system, executive function and episodic memory in older persons. J Oral Rehabil. 2008 May;35(5):324-36.

Hirano Y, Obata T, Kashikura K, Nonaka H, Tachibana A, Ikehira H, Onozuka M. Effects of chewing in working memory processing. Neurosci Lett. 2008 May 9;436(2):189-92.

Tsutsui K, Kaku M, Motokawa M, Tohma Y, Kawata T, Fujita T, Kohno S, Ohtani J, Tenjoh K, Nakano M, Kamada H, Tanne K. Influences of reduced masticatory sensory input from soft-diet feeding upon spatial memory/learning ability in mice. Biomed Res. 2007 Feb;28(1):1-7.

Miles C, Johnson AJ. Chewing gum and context-dependent memory effects: a re-examination. Appetite. 2007 Mar;48(2):154-8. Epub 2006 Oct 19.

Scholey A. Chewing gum and cognitive performance: a case of a functional food with function but no food? Appetite. 2004 Oct;43(2):215-6. Review.

Mioche L, Bourdiol P, Peyron MA. Influence of age on mastication: effects on eating behaviour. Nutr Res Rev. 2004 Jun;17(1):43-54.

Yamamoto T, Hirayama A. Effects of soft-diet feeding on synaptic density in the hippocampus and parietal cortex of senescence-accelerated mice. Brain Res. 2001 Jun 1;902(2):255-63.

Onozuka M, Watanabe K, Mirbod SM, Ozono S, Nishiyama K, Karasawa N, Nagatsu I. Reduced mastication stimulates impairment of spatial memory and degeneration of hippocampal neurons in aged SAMP8 mice. Brain Res. 1999 Apr 24;826(1):148-53.

Kato T, Usami T, Noda Y, Hasegawa M, Ueda M, Nabeshima T. The effect of the loss of molar teeth on spatial memory and acetylcholine release from the parietal cortex in aged rats. Behav Brain Res. 1997 Feb;83(1-2):239-42.

口の中から、美しく健康寿命を延ばしませんか?