歯科|市川市市川で歯科をお探しの方は大門歯科まで

  • 電話
  • メニュー
イメージ画像
近年、歯科では最小限の治療という概念が「ミニマム・インタベーション」という言葉で推奨されています。
  • *出来るだけ歯を削らない。
  • *出来るだけ歯を抜かない。
ということですが、これは当たり前のことなのです。
ただし、大切な注意があります。虫歯の取残しによる再虫歯、力学的に弱い歯質の取残しによる術後の歯の破折、手遅れの歯周病の歯を残すことによるさらなる歯周病の悪化です。
「出来るだけ歯を削らない」、「出来るだけ歯を抜かない」は当たり前です。そしてさらに、治療終了後 5 年、10 年…死ぬまで再治療がないように、しっかりとした治療を完結させることが大切です。もちろんそのためには自宅でのブラッシングと定期的な歯科でのチェックが必ず必要です。

*歯科で最も一般的な治療が、虫歯の治療です。
大門歯科での虫歯の治療について説明します。


初期の虫歯

  • イメージ画像
歯の表面が白濁しているような初期の虫歯です。
歯の溝や歯肉の境目での歯ブラシができていないと、虫歯の初期症状としてエナメル質が溶け始めます。
この時期であれば、エナメル質の再石灰化が期待できます。
歯科医院でのフッ素塗布や、テレビCMなどで皆さんもご存知の通り、フッ素やアパタイト配合の歯磨き粉、ガムなども効果ありです。
削って埋めるのではなく、ブラッシングの徹底を基本に経過観察とします。

小さな虫歯

イメージ画像
歯の溝が黒い、などの虫歯です。
着色だけであれば治療の必要はありませんが、比較的年齢が若い方では虫歯が内部に広がっていることが多く、将来の重症化が予測される場合があります。
また、わずかでも虫歯による穴がある場合も、今後症状が進行していきます。
虫歯の部分を確実に除去して、埋める治療を行います。
    現在は
  • *金属によるインレー
  • *白い硬質プラスチック材料の充填
による治療方法が一般的です。大門歯科では、噛む力を金属でなくては支えられない場合を除いて、基本、白い歯の治療を行います。
  • イメージ画像
  • イメージ画像

中等度の虫歯

奥歯には食べ物を効率よく噛みきり、すりつぶすために山(咬頭)と谷(裂溝)があります。
虫歯がこの山の部分まで及んでいたり、もしくは、虫歯の部分が大きくなり、残された健康な歯の部分が薄く、噛む力に耐えられなくなっている場合には、白いプラスティック材料による修復ができません。
金属材料による被覆が必要です。
また、白い材料による治療にはセラミックもしくはジルコニアを用います。
  • イメージ画像
  • イメージ画像

大きな虫歯

虫歯が歯の全体に及んでいたり、神経や栄養血管のある歯髄を除去した場合には歯の全体を包み込む(被覆する)治療が必要です。
歯髄除去後の歯に、金属のインレーや部分的な充填による治療をたまに見かけますが、将来的に破折リスクが超高です。歯の根が割れれば、治療方法の第一選択が抜歯になってしまいます。特に、噛む力を支えなければいけない奥歯では金属、セラミック、ジルコニアを用いた全部被覆による修復が不可欠です。
通常言われている「白い歯」にもいくつかの種類があり、それぞれ特徴があります。あなたのお口の状況に合わせて、最適なものを選択できればベストです。
  • イメージ画像

    冠の種類

    1.メタル・セラミクス

    構造:金・白金・銀・パラジウム合金に白い陶材を焼き付けたもの
    イメージ画像
    特徴:透明感があり美しい(一般的に、白い歯と言われるもの)
    しかし・・・歯質との境に金属が透けるため、歯肉のラインが下がると、黒いラインが見えることがある。

    2.オール・セラミクス

    構造:100%陶材にて作製した冠
    イメージ画像
    特徴:最高の透明感を実現し最も美しい
    しかし・・・金属の裏打ちがないために、フレーム強度に劣る

    適応:一本の単独歯~3歯の連結までの前歯、および歯列に欠損のない場合の最後方以外の臼歯が適応である(上記写真の奥から二番目)

    3.オール・ジルコニア

    構造:100%ジルコニアにて作製した冠
    イメージ画像
    特徴:高い強度と光り輝く白色が美しい
    しかし・・・表面の美しさとは対照的に透明度はポーセレンに譲る

    適応:強い力を支える必要のある臼歯がお勧めである

    4.ジルコニア・セラミクス

    構造:高強度のジルコニアをフレームに用い、陶材を焼き付けた冠
    イメージ画像
    特徴:最高の透明感を臼歯にも適応

    適応:臼歯部はもとより、多数歯のブリッジにも美しい白い歯が・・・可能に!